SF游歩道

語ろう、感電するほどのSFを!

研究

円城塔試論Ⅰ「円城塔の自己言及性とSF性」

私は円城塔のファンであり、ここしばらく円城塔とSFと物理と文学のことしか考えていない程度にはファンである。そうして部室などで円城塔の面白さを他人に語りまくることを通じて、円城塔の作品を読むことにおける重要な要素をようやく整理することが出来…

文字についての謎を文字で明かす、円城塔の最高傑作――「文字渦」(円城塔、新潮社)

書籍情報 作者:円城塔 出版社:新潮社 形態:単行本 文字渦 作者: 円城塔 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2018/07/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 収録作品 『文字渦』 『緑字』 『闘字』 『梅枝』 『新字』 『微字』 『種字』 『誤字』…

星新一研究Ⅰ「『殉教』の初出版と文庫版との比較」

導入 方法 結果 考察 今後の展望 結論 個人的な作品論Ⅰ 個人的な作品論Ⅱ 導入 星新一は、日本人ならば読んだことがない人のいないほど広く親しまれ、愛されてきた作家だと言える。 このように星新一の作品が時代を超えて愛され続ける理由として、星作品に特…

中国SF研究Ⅰ「『科幻世界』巻末の翻訳SFに関する調査」

中国の有名SF月刊誌「科幻世界」の巻末には、同社の販売するSF単行本の通販カタログが2頁分掲載されている。 国内(中国)SFを先頭に、日本、アメリカ、カナダなどの国外翻訳SFが一覧形式で掲載されているため、この頁に登場する作家・作品を確認すれば中国…

現代のラノベの原点はすべてここにあった!?━━『時をかける少女』(筒井康隆、角川文庫)

書籍情報 作者:筒井康隆 出版社:KADOKAWA(角川文庫) 形態:短篇小説集 時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫) 作者: 筒井康隆 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2006/05/25 メディア: 文庫本 購入: 12人 クリック: 88回 この商品を含むブログ (325件) …

映画『君の名は。』の過小評価について

2016年夏に公開され、まさに社会現象とも言える一大ムーヴメントを巻き起こし、日本国内で250億円以上、国外で3.5億ドル以上の興行収入を得た映画『君の名は。』。興行成績が示す通り、国内外で高い評価を受けており、2018年の正月に地上波で…

<文豪>筒井康隆の原点は全て初期作品にある━━「日本SF傑作選1 筒井康隆」(筒井康隆、ハヤカワ文庫JA)

書籍情報 作者:筒井康隆 編者:日下三蔵 出版社:早川書房(ハヤカワ文庫JA) 形態:短篇小説集 日本SF傑作選1 筒井康隆 マグロマル/トラブル (ハヤカワ文庫JA) 作者: 筒井康隆,日下三蔵 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2017/08/08 メディア: 文庫本 こ…

SF的手法を用いて描き出される「生」━━『わたしを離さないで』(カズオ・イシグロ/土屋政雄、ハヤカワepi文庫)

書誌情報 作者:カズオ・イシグロ 訳者:土屋政雄 出版社:早川書房(ハヤカワepi文庫) 形態:長篇小説 わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫) 作者: カズオ・イシグロ,土屋政雄 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2008/08/22 メディア: 文庫本 購入: 32人…