SF游歩道

語ろう、感電するほどのSFを!

フィリップ・K・ディック

2018年上半期の読書整理記

今週のお題「2018年上半期」 今年も早半年が過ぎてしまった。そこでこの上半期で読んだ本を整理し、下半期へと繋げていこうと思う。 上半期のベスト10 1.『万物理論』(グレッグ・イーガン/山岸真、創元SF文庫) 上半期でダントツ。これぞSFといった感…

現実と虚構の交錯、アイデンティティの崩壊━━『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(フィリップ・K・ディック/浅倉久志、ハヤカワ文庫SF)

書誌情報 作者:フィリップ・K・ディック 訳者:浅倉久志 出版社:早川書房(ハヤカワ文庫SF) 形態:長編小説 アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229)) 作者: フィリップ・K・ディック,浅倉久志 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1977…

自分の立ち位置を見失う快感━━「トータル・リコール」(フィリップ・K・ディック、ハヤカワ文庫SF)

書誌情報 作者:フィリップ・K・ディック 訳者:深町眞理子、浅倉久志、大森望 編者:大森望 出版社:早川書房(ハヤカワ文庫SF) 形態:短編小説集 トータル・リコール (ディック短篇傑作選) 作者: フィリップ・K・ディック,大森望,浅倉久志,深町眞理子 出…